MENU

快適に過ごそう!タイ・バンコクの気候

タイは熱帯モンスーン気候地域に位置しています。
一年を通して高温多湿な気候が特徴です。一般的には、タイには3つの季節(雨期、乾期、暑期)があると言われています。

目次

季節ごとの特徴

雨期(5月中旬から10月中旬)

雨期は5月中旬から10月中旬まで続きます。

この季節は最も雨量が多いですが、一日中雨が降り続くことは少なく、大体1時間から2時間程度で止みます。

スコールと呼ばれる夕立のような雷雨が特徴です。雷もゴロゴロと鳴りますし、落雷もあるのでスコールの間はあまり出歩かない方が良いでしょう。折りたたみ傘はあると便利ですが、強いスコールの際は傘が全く役に立たなくなりますので、注意してください。

スコールが来る数時間前から風が強く吹き出します。気圧も急激に下がり、スコールの後は気圧が急に上がったりしますので、頭痛やめまいなどの症状には気をつけてください。

場所によっては道路が冠水することもあります。バンコク中心部はそれほどひどくありませんが、アソーク通り(BTSアソーク駅前の大通り)やスクンビットエリアのソイ23〜33の奇数側、39は冠水しやすいエリアと言われています。

また、雨期の終わりには連日大雨が降ることがあります。気温は多少下がりますが、湿度が高くなります。

インフルエンザが流行る時期でもありますので、かかりやすい方は予防接種をお勧めします。

乾期(10月中旬から2月中旬)

乾期は10月中旬から2月中旬まで続きます。

この季節は晴天が続き、比較的涼しく過ごしやすいです。観光するのにはベストシーズンと言えます。

雨はほとんど降らず、日中の気温も低くなります。ただし、空気がとても乾燥しており、最近ではPM2.5の数値が上昇しています。喉の不調を訴える人が増えており、マスクの着用が一般的です。

年末年始はカウントダウンイベントなどがありますが、日本の大型連休とは異なりますので、お店は通常通りの営業になっていることが多いです。(30〜1日を休む店が多い)

暑期(2月中旬から5月中旬)

暑期は2月中旬から5月中旬まで続きます。

この季節は日差しが強く、連日35度前後の蒸し暑さが続きます。特に4月が最も暑く、気温が40度近くになることもあります。

この時期にはタイの伝統的な水かけ祭りであるソンクラーンが行われます。

デパートやイベント会場で水掛けエリアが設置されている場所もありますが、ソンクラーンの正装である”花柄の服”を着たり、水鉄砲を持っている場合は街中でも水をかけられます。

ちなみに、BTSなどの公共交通機関では水鉄砲の水が入っていると電車に乗れませんので、水を入れるのは会場についてからが良いでしょう。

タイの観光で気をつけたいこと

寺院にて

日本ではお寺や神社に入る際、派手な格好や露出の高い格好でも問題ないことがありますが、厳格な仏教徒であるタイでは寺院の入場に関する服装規定が存在します。

ただし、すべての寺院で服装のチェックがあるわけではありません。
タイの寺院で服装に決まりがあるのは、有名な寺院や寺院内の本堂に入る際などです

服装が不適切であれば、ストールなどが貸し出され、上に羽織ったり腰に巻いたりします(基本的に無料だが有料の場合もある)。

女性の場合は、露出度の多い服装は避けましょう。
具体的には、タンクトップ、キャミソール、ショートトップ、ショートパンツ、ミニスカート、半ズボンなどは避けましょう。女性の場合、露出が少ない服装であっても体のラインがわかるような服装はNGです。
男性の場合、タンクトップ、派手な服装や半ズボンなどはNGとなっています。
また、男女ともに帽子、サングラスの着用、ビーチサンダルでの入場もNGです

街中にて

タイは比較的治安が良いとされていますが、それでもスリ、ぼったくり、置き引きなどの犯罪は日本より多いと思っていいでしょう。貴重品の扱いには十分に注意してください。

また、女性の夜の一人歩きは危険です。タクシーも女性専用などを指定して乗るのが安心です。

お子さんがいる場合は、子供からは目を離さないようにしましょう。連れ去りがあるというのは、東南アジアではよく聞く犯罪でもあります。タイでも全く無い、とは残念ながら言えません。

まとめ

タイの人は外国の人と接することに慣れている気がします。なので、拙い英語でもタイ語でもきちんと聞いてくれるので、伝えたいことをはっきり言うことが大事だと思います。

一年中暑い国ですので、身体が慣れるまでは体調が悪くなりやすいです。休息を十分に取りながらスケジュールには余裕を持って観光されることをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次